TOP

大學院入學試験概要

大學院入學試験概要

大學院および専門職大學院各研究科?専攻の入學試験概要についてご案內します。

法學研究科

法學研究科は私法専攻、公法専攻、ビジネス法務専攻の3つの専攻からなります。理論研究を重視する私法専攻?公法専攻と、実務家養成に特化したビジネス法務専攻という「理論×実務」の教育體制により、「法」を駆使する専門家の育成を目指します。また、私法専攻?公法専攻博士前期課程およびビジネス法務専攻修士課程は晝夜開講制を採り、社會人にも広く門戸を開いています。

経営學研究科

経営學研究科では、大學卒業後、より専門的に経営學を學びたい方のために、博士前期課程(2年間)と博士後期課程(3年間)が設置されています。博士前期課程は晝夜開講制を採っており、社會人にも広く門戸を開くようになりました。社會人を対象とした短期修了1年制コースも置かれています。

國際政治経済學研究科

國際政治経済學研究科は、國際政治學専攻、國際経済學専攻、國際コミュニケーション専攻の3専攻で構成されています。國際政治學専攻には安全保障コース、グローバルガバナンスコースの2コースが設置されています。すべての専攻は修士課程と博士後期課程を揃えており、また晝夜開講制ですので企業に通いながら研究をすることを可能にしています。

総合文化政策學研究科

総合文化政策學は、文化や蕓術の創造行為を、その構想から社會への還元までの一連の活動を全體として捉え、人文科學と社會科學とを総合することによって「創造の現場」を知の対象領域とするとともに、その応用領域としては、文化に係わるさまざまな問題の発見と解決、文化や蕓術の創造のための構想、政策やプロジェクトの立案と具體化の実際を系統的に明らかにするものです。総合文化政策學研究科は、その総合文化政策學分野において、研究者として自立して研究活動を行い、あるいは総合文化政策學と関係する學術分野において高度に専門的な業務に従事するに必要な研究能力及びその基礎となる豊かな學識を養います。

理工學研究科

理工學研究科では、キリスト教の信仰に基づいた本學の行う教育基盤に立って人格を陶冶し、専門の學術の教授?訓練を通して精深な學識と研究能力を養うとともに、堅実な社會人として國際的にリーダーシップを発揮し、「地の塩、世の光」として文化の発展?創生に寄與し得る人物の養成を目的とします。

社會情報學研究科

社會情報學研究科では、専門性の高い「社會情報學コース」と「ヒューマンイノベーションコース」の2コースを設置しています。
また、文理融合型の學びが展開される「社會情報學」は、高い學際性を持った學問であるため、入學者は社會情報學部の卒業生に限定されません。既存の他學部、他大學の卒業生、さらには社會人の方々にも広く門戸を開放することになります。特に「組織學」的な學びを展開するヒューマンイノベーションコースは、教育機関、公益?非営利団體、企業法人などで既に職を持つ“職業人”が、主な対象となります。

専門職大學院

青山學院大學専門職大學院各研究科の入學試験についてご案內いたします。

國際マネジメント研究科

國際マネジメント研究科は、國際社會のより豊かな未來を切り拓いていくために、高い倫理観と國際的視野を身につけた企業家精神に富む人材を養成するとともに、國際マネジメント教育研究に資する研究者の育成を目途としています。
國際マネジメント研究科の入學試験概要はサイトをご確認ください。

法務研究科(法科大學院)

2018年度以降の學生募集は停止しました。

會計プロフェッション研究科

青山學院大學會計専門職大學院は、キリスト教理念に基づく教育の理念と方針を実現するために、高度な職業倫理性を有し、國際人としての資質を充分に備えた會計専門職、すなわち會計プロフェッションの育成を目指しています。
教育內容として、2006年から実施の新しい「公認會計士試験制度」および「會計分野に関する専門職大學院と公認會計士試験制度との連攜(短答式試験一部免除)」について配慮し、金融庁および公認會計士?監査審査會の方針に合致した教育內容を基準として設定しています。
會計専門職として必要とされる知識は、簿記?財務會計?管理會計?監査そして関連する、租稅法?企業法?IT?経済?経営?統計等です。これらの科目を幅広く體系的に配置し、社會的要請に応えられる質の高いカリキュラムを配置しています。
會計プロフェッション研究科の入學試験概要はサイトをご確認ください。

奇米影视777,奇米影视四色,影音先锋av资源撸色