TOP

支援センター長あいさつ

社會情報學部 長橋 透

社會情報學部 長橋 透

支援センター長あいさつ

 身體的な障がいや精神的な障がいは、身長や體重の違いと同じで、人それぞれがもつ個性(特性)だと考えるべきものです。私たちは、身長や體重が自分と違うからといって、人を差別することはありません。ただ當人にしてみれば、例えば極端に身長が高すぎたり低すぎたりすると、平均的な背丈の人を対象にして作られたこの社會の中では、生活しづらいことが出てくるのではないでしょうか。
 そのようなときに必要な配慮や支援を受けることができれば、それを軽減し克服することができます。例えば視覚や聴覚、四肢が不自由な人は、必要な能力を補う機器類を使うことで生活がしやすくなります。また外見からはわかりにくい発達障がいや精神障がいについても、その人の必要性に合わせた支援を受けたり配慮がなされたりすれば、同様に生活しやすくなります。いま大學にも、それが求められているのです。
 このような狀況のなか、2018年4月、青山學院大學に「障がい學生支援センター」が発足しました。このセンターの目的は、障がいをもつ學生がそれをもたない學生と同等の教育?研究の機會を得ることができるように、特にそのスタート時點の環境作りのお手伝いをすることです。さらにキャンパス內の心理的?物理的なバリアフリー化推進や啓発活動も目的の一つです。そしてこれらを通じて、障がいをもつ學生が何らためらうことなく自らの存在を示す旗を立てて必要な配慮や支援を求めることができる、「普通」のキャンパスを築くことです。
 設立間もない本センターは、青山?相模原の各キャンパスに1名のコーディネーターを置く、大學の規模からみればまだまだ発展途上のセンターです。そのような狀況にあっても、本センターでは入學前から在學期間中、そして就職?社會參加への移行までを支援対象として活動しています。何らかの配慮を求める學生は、まずセンターに訪ねて來てください。支援コーディネーターを交えて、その學生一人一人の特性に合った実行可能な配慮や支援方法をみつけていきましょう。しかしそのためには、被支援學生と教學(學部?大學)との間の「建設的な」対話がとても大切です。ケースによっては、すべての希望をすぐに葉えることが難しいこともあるでしょう。しかし互いに最終地點を目指して、この対話を続けることが重要なのだと考えます。
 最後に、障がい學生支援センターのホームページには、大學トップページの學生生活から入っていただければたどり著けます。あるいは、「青山學院大學」「障がい學生支援センター」とキーワードを打ち込んでいただければ、すぐにたどり著けます。ぜひ、學生?生徒の皆さん、保証人の皆さん、教職員の皆さん、このホームページに立ち寄ってみてください。また、このような支援に寄り添う學生を、學生サポーターとして求めています。皆さんと一緒に、障がいへの理解を深めることを通して、さまざまな個性が行き交うキャンパスを作り上げていきましょう。

奇米影视777,奇米影视四色,影音先锋av资源撸色