TOP

全學FD委員會委員長あいさつ

全學FD委員會委員長 副學長 <br>內田達也 [Tatsuya Uchida]

全學FD委員會委員長 副學長 
內田達也 [Tatsuya Uchida]

全學FD委員會委員長あいさつ

本學におけるFD(Faculty Development)に対する取り組みは、2003年度に開始した全學的な授業評価アンケートからはじまり、それが2005年度のFDプロジェクトチーム、2008年10月からのFD推進委員會、2009年4月からの全學FD委員會へと繋がり、今日に至っています。

こうした本學の取り組みの変遷は、そのままFD に対する社會的認識の変化や、FDの取り組み內容の拡大と呼応しています。FDは「授業の內容及び方法の改善を図るための組織的な研修及び研究」といわれますが、現狀では単なる授業改善にとどまらず、より良い教育課程を実現するための組織的な活動を展開、実施していくことが重要となっています。これまで本學では、 GPA制度の導入、シラバスの整備、授業アンケートの導入、新任向け教職員研修の実施、教育改善?教育プログラム支援制度などによって教育力向上を図ってきました。今後はこれまでの全學的なFD活動と學部や研究科の特性に応じたFD活動を連攜させて、本學の教育課程に対する 質保証を実現していくことになります。また、急速に発展している情報システムの利用も、そうした目的のために大いに期待されます。

一方で、こうした「組織的な」教育改善の取り組みが、授業方法の標準化や均一化を進めてしまい、學生の學びを定型的、畫一的にしてしまう可能性は否定できません。大學のFD活動は、本來、多様な教員による個性あふれる授業の展開が可能になり、そのことによって學生のより豊かな、質の高い學びを実現するためにこそあります。本學では、そのような學びを実現すべく、FD活動を推進していきたいと考えています。

奇米影视777,奇米影视四色,影音先锋av资源撸色