TOP

産官學連攜

産官學連攜

本學における産學連攜の取り組みおよびポリシーを掲載しております。

産官學連攜ポリシー


青山學院大學は、青山學院スクール?モットーである「地の塩、世の光」として、本學の理念に基づき、研究活動の成果を社會全體の利益に還元するために産官學連攜を推進致します。

01.)組織的に産官學連攜を推進し、本學の研究內容および研究成果を速やかに國內外に発信し、地域社會?國際社會の課題解決、持続可能な社會の構築に貢獻します。

02.)キャンパスの立地する東京都渋谷區、神奈川県相模原市をはじめとして、國內の地方公共団體や企業?経済団體等、大學、さらには國際的な連攜を強化します。

03.)研究者間の協力體制強化、共同研究、委託研究などを積極的に推進するために研究活動支援體制整備するとともに、産官學連攜を通じて「地の塩、世の光」として社會に貢獻する若手人材の育成に積極的に取り組みます。

04.)産官學連攜に関する法令、本學の規則等を遵守して行動します。また、研究倫理研修等の充実を図ります。

05.)連攜にあたっては相互の知的財産を尊重するとともに産官學連攜により知り得た情報等の秘密保持に対する管理體制を充実します。

共同研究?受託研究

大學の外部との教育?研究に関わるコラボレーションには幾つかのスタイルが存在しますが、青山學院大學の「共同研究」「受託研究」の実績をご紹介いたします。

本學の専任教員が學外機関の研究者と共通の研究課題について共同で行う「共同研究」や、あるいは特定の課題について企業もしくは省庁等から委託を受け研究を行う「受託研究」は、本學の教員またはセンター等の優秀な研究実績についての學外機関における厚い信頼によって成立しうるものです。2009年度から2018年度の実績を、以下の通りご紹介いたします。

共同研究

年度件數受入研究費 (単位:円)
20184538,629,200
2017453,715,800
20164837,665,860
20154437,017,700
20143439,791,300
20132419,292,000
20121821,915,757
20111529,866,000
20101020,100,000
2009109,170,000

受託研究

年度件數受入研究費 (単位:円)
2018477,495,000
20172072,600,000
20161747,903,000
201519108,784,881
20142394,026,781
201331126,016,150
201239126,470,720
201147176,555,784
201046313,085,750
20094570,118,630
奇米影视777,奇米影视四色,影音先锋av资源撸色